Facebookで多くのいいね!コメントを獲得する方法

July 30, 2016

 

 

渡辺シンスケです。

 

 

 

今回は

 

Facebookで多くのいいね!コメントを獲得する方法 

 

というテーマで書いてみたいと思います。

 

 

 

 

 

Facebookで投稿を行う際
写真を載せて投稿したほうが効果的
ということは以前お伝えさせていただきました




ではより多くのいいね!やコメントをもらえる投稿とは
どのようなものでしょうか




たまに見受けるのが、
写真は載せるのですが、
投稿の本文も長々書いてしまうパターンです





Facebookが写真を望んでいる人が多いということは
映像で見たい
という人が多いということです




しかし文章を長く書くことによって、映像ではなく
読ませる
という心理に変わってしまいます






そうなるとせっかく写真を載せ映像でうったえても
効果がなくなってしまいます




ですから文章は短ければ短いほど効果的です




そして短いことによって
実はたくさんのいい効果があります







例えば上の画像は私の過去の投稿なのですが
カツ丼が美味しかったという投稿です




文章は
「またぶあいそうや~いいわうまいわ~」
くらいなものです




これはぶあいそうというお店で食べたカツ丼が
美味しかったという投稿です





しかし真面目な人がついつい陥ってしまうのが
どこでいくらで食べたカツ丼が、こう言う感じでこう美味しかった
とご丁寧にすべて説明してしまうパターンです




しかしそれを見た人はすべてがわかるので
「そうなんだ」「美味しそう」
くらいで終わってしまいます




しかし先程くらいしか書いていなければ
「どこのお店?」
「値段は?」
「どう美味しかったの?」
などなど興味を持つ人が現れます




そうすると、コメントを入れてもらえます




するとFacebookは●●さんがコメントしています
という表記がコメントを入れてくれた友人に届くので
情報が拡散されるという流れが生まれます




不真面目とは言いませんが、長文を書かない方が
逆に拡散効果があるなんて皮肉な感じでしょうか?(笑)




長く説明するページが欲しいのであれば
別のブログなどに書き、そのURLを載せることにより
そのブログなどのアクセスアップにもなります




写真を載せ、短く文章を書く事により
いろんな効果があることがお分かりいただけたでしょうか(^-^)/




どうしても長いエピソードなどを書きたい場合・・・
そしてどうしてもFacebook内で書きたい内容の場合・・・
同じくらいの効果を持たせることはできないのでしょうか




実はそれはそれでできるテクニックもあります




そちらはまた次回に(^-^)/

Please reload

main-visual.gif
  • ブラックTwitterのアイコン
  • ブラックInstagramのアイコン
  • 黒のYouTubeアイコン

RECENT POSTS

Please reload

  • ホワイトTwitterのアイコン
  • ホワイトInstagramのアイコン
  • ブロガー - ホワイト丸
  • ホワイトYouTubeのアイコン