成功者が全員持っている目線と考え方

September 8, 2016

 

 

渡辺シンスケです。

 

 

 

 

今回は

成功者が全員持っている目線と考え方

です。

 

 

 

先日とあるTwitterのつぶやきに出会いました。

 

 

 

 

笑えるのは、楽しんでいるから。
怒るのは、真剣だから。
喧嘩するのは、一緒だから。
つまずくのは、進んでいるから。

 

 

 

 

当たり前すぎて気づかなかったけど、確かにと思うフレーズでした。

 

 

 

 

これって日常のあるあるをつぶやいているように思いますが、なぜこれが興味深かったのかというと、成功の法則はまんまこれだなって思ったんです。




これの特徴的なところはない方ではなく、成功者はある方にフォーカスしているということです。

 

 

 

 

うまくいかない人は、ついつい

・なぜ楽しくないんだろう

・なぜこんなに腹立つんだろう

・なぜこんなに喧嘩ばっかりするんだろう

・なぜこんなに壁に当たるんだろう

などと考えがちです。

 

 

 

 

周りでもこういう人が多くないでしょうか?

 

 

 

 

 

でも成功者は違います。

 

 

 

 

 

・こんなに楽しいのはこれがあるおかげだ

・こんなにむかつくのは真剣に考えてくれている証拠だ

・喧嘩になるくらい時間を共有できているんだな

・進んでるから壁に出会ったので乗り越えたらまたさらに進めるな

などなどないものではなくあるものにフォーカスして物事を考える習性があります。

 

 

 

 

 

ちょっとありふれた言い方になれば、ポジティブシンキングのようなものでしょうか。

 

 

 

 

 

でも

何かを作りたいのですよね?

何かを残したいのですよね?

何かを稼ぎたいのですよね?

 

 

 

 

簡単に言うとプラスが欲しいということですよね。

 

 

 

 

何かを欲しいプラスが欲しいのに、思考がマイナスで手に入るという計算はなかなか合わないですよね。

 

 

 

 

 

成功者は特別な才能があったから成功できたわけではありません。

成功者はすごい有効なツールやテクニックをもっていたから成功できたわけではありません。

成功者はすごい人脈があったから成功できたわけではありません。

 

 

 

 

成功者はただただ自分がどうなりたいかというところに、ピュアに響いてそれを思い続けただけです。

 

 

 

 

そしてそれに得るためには何があったほうがいいのかを、純粋に探し続けただけなのです。

 

 

 

 

 

でもその他大勢の人は自分に何が足りないんだろうという心理になってしまいます。

 

 

 

 

 

なぜなんでしょうか?

 

 

 

 

簡単です。

周りに成功者がいなくて、成功していない人はもれなくそのようなマイナスにないものに目線を合わせる人がほとんどで、そこで日々暮らしているからそのような心理になるのです。

 

 

 

 

もしあなたが成功したくて成功者になりたくて何かを探しているのであれば、あるものにフォーカスする思考を持つように変化してください。

 

 

 

 

それが自分でできないのであれば成功者がいる環境に1分でも長く身を置けるように、その場所や人を探してください。

 

 

 

 

それが見つかればそのような思考が手に入る人になれる=成功者になれると思いますよ。

 

 

 

 

 

もしあなたが見つからないと嘆くのであれば、お気軽にメッセージしてくださいね。
 

 

 

 

 

ということで今回は

成功者が全員持っている目線と考え方

でした。

 

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

Please reload

main-visual.gif
  • ブラックTwitterのアイコン
  • ブラックInstagramのアイコン
  • 黒のYouTubeアイコン

RECENT POSTS

Please reload

  • ホワイトTwitterのアイコン
  • ホワイトInstagramのアイコン
  • ブロガー - ホワイト丸
  • ホワイトYouTubeのアイコン