Facebookでたくさんのコメントを取得するためのオススメの方法

September 9, 2016

渡辺シンスケです。



今回は
Facebookでたくさんのコメントを取得するためのオススメの方法
です。


 

 

Facebookで多くのいいね!やコメントを取得するためには
短い投稿のほうがいいという説明を
以前させていただきました。

 

 

 

 

なぜならFacebookは「読む」メディアではなく

「見る」メディアなので、文章が長いと呼んでもらえないのです。

 

 

 

ですからFacebookの投稿には写真が必須で

極力「いいね!」と思うような写真であれば

なおのことベストということですね。

 

 

 

ですからせっかくきれいな写真などを載せても

長文を投稿してしまうと、見るから読むに審理が変わってしまうので

長い文章はFacebookではオススメではありません。
 

 

 

 

あとはコメントを入れてもらおうと思ったら、

相手に少しでも興味や疑問が残ることが大事です。

 

 

 

 

興味が共感まで行き着けば、「とてもいいですね」「とてもきれいですね」というようなコメントを取得できますよね?

 

 

 

 

また疑問が残るというのは「どこなんだろう?」「いくらなんだろう?」「どうだったんだろう?」という状態があれば質問しますよね?

 

 

 

 

ですからそれもコメントに変わるわけです。

 

 

 

 

 

ですが文章が長くなってしまうと、そこに全て情報があるため疑問などを抱かないので最後まで読んでくれたとしても解決しているのでコメントを取得するには至りません。

 

 

 

 

ですから長文になればなるほどFacebookで興味を持たれて

集客を起こすというのは難しくなってきます。
 

 



しかしどうしても長く書きたい投稿も
なかにはあるんじゃないかと思います。





でも長く書いたら効果が薄れる・・・





そんな時にオススメな方法がこちらです。







「」をつけて会話形式にしながら
投稿を書いていくという方法です。





なぜなら「」には
コミュニケーションを誘発させる
心理作用があるからです。

 

 

 

 

 

Facebookは見せるメディアということを説明しましたが

Facebookに限らずSNSは元来コミュニケーションするサイトです。

ソーシャルメディアというくらいですので。
 

 


 

その相互のコミュニケーションに当たるのがいいねやコメントです。

 

 

 

 

 

「」はコミュニケーション、会話を意味する記号ですよね?

 

 

 

 

 

ですから「」がついていると文章を読んでいるというより

コミュニケーションを追いかけているような心理になり

興味深く読み進めてもらえる率が高まります。

 

 

 

 

そうすることによって多くのコメントを取得できるようになります。





会話をずっと読んでいくことにより
参加したくなったり感情移入したりする効果があるということですね。

 

 

 

 


私はFacebookを投稿したときはいつもコメントはついても数件だけなのですが、

この投稿は30件近いコメントを取得できました。
 

 



長く書いてみたい方は、ダラダラ説明を書くのではなく
是非コミュニケーション性のあるストーリー形式で書く

という方法を試してみてくださいね。。

 

 

 

 

そうするといいねもコメントも長文というのに負けずに

たくさん取得できるようになると思いますよ。


 

 

ということで今回は

Facebookでたくさんのコメントを取得するためのオススメの方法

でした。

 

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

Please reload

main-visual.gif
  • ブラックTwitterのアイコン
  • ブラックInstagramのアイコン
  • 黒のYouTubeアイコン

RECENT POSTS

Please reload

  • ホワイトTwitterのアイコン
  • ホワイトInstagramのアイコン
  • ブロガー - ホワイト丸
  • ホワイトYouTubeのアイコン