Facebookでブランディングして集客を起こす際に必要なマーケティング

October 6, 2016

 

 

 

 

ブランディング集客コンサルタント・渡辺シンスケです。

 

 

 

 

今回は年収億を超える成功者たちが行うブランディング方法応用編

 

Facebookでブランディングして集客を起こす際に必要なマーケティング

 

です。

 

年収億を超える成功者たちが行うブランディング方法基礎編こちらをご覧下さい。



 

 

ブランディングとマーケティングができれば

集客は勝手に起きます。

 

 

 

 

 

ブランディングのお話はいろいろさせていただいているので

今回はマーケティングのお話です。

 

 

 

 

 

マーケティングといえば難しいですが

簡単に言うとマーケティングとは・・・

 

 

 

 

買いたくなる、お店に来たくなる

などの心理になってもらうということです。

 

 

 

 

顧客心理をつかみいかにそうなってもらえるものを

醸し出せるかどうかということになります。

 

 

 

 

ではFacebookでそういったものを作り出そうと思うと

どうすればいいでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

お店や業種によって違うんじゃないのと思いましたか?

 

 

 

 

もしあなたがそう思われた方だったら

それは来たくなる状況を作り出す考え方ではなく

売り方、営業の仕方を考える頭になっています。

 

 

 

 

ではどうするのかというと簡単です。

 

 

 

 

現在のSNSがなぜ流行ったかを知っておくだけで

マーケティングはほぼほぼクリアできます。

 

 

 

 

 

みなさんFacebookがはやった理由を

面白いサイトだから、優れたサイトだから

などと思っている方が多いです。

 

 

 

 

しかしあくまで持論かもしれませんがSNSが流行った理由は

ストレス

だと思っています。

 

 

 

 



日本で一番最初にはやったSNSはmixiだと思います。




mixiが流行ったのは当時コミュニケーションのサイトといえば
出会い系くらいしかなかった中で、

・友達からの紹介だから安心
・紹介されないとは入れないプレミア感

などという怪しいというストレスを解消することによって
流行ったと思っています。




しかしそのmixiも
平気で男が女になったりしている
ナンパやおかしなビジネスの勧誘などが多い
などなどになっていきいや嫌気指す人が増えた中

・顔と名前が出ているから安心
・大人の人もたくさん入っている

などの安心感でストレスを解消し流行ったのが
Facebookではないでしょうか。




これらを考えたときに年々ストレスを抱く人が
生まれて行っているのが今のソーシャルメディアの世界です。




ということは、よりストレスを感じさせない・・・
この人なら大丈夫そう、いい人そうなどなど・・・
安心感
がある人には人が集まり易い状況にあるのです。




あなたのプロフィールは安心感あるでしょうか?
あなたの投稿は安心感あるでしょうか?




それができてからしっかり興味を持ってもらうという方向に向かいましょうね。



ということで今回は年収億を超える成功者たちが行うブランディング方法応用編

 

Facebookでブランディングして集客を起こす際に必要なマーケティング

 

でした。

 

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

 

 

▶︎年収億を超える成功者たちが行うブランディング方法応用編・目次

 

 

 

 

 

 

Please reload

main-visual.gif
  • ブラックTwitterのアイコン
  • ブラックInstagramのアイコン
  • 黒のYouTubeアイコン

RECENT POSTS

Please reload

  • ホワイトTwitterのアイコン
  • ホワイトInstagramのアイコン
  • ブロガー - ホワイト丸
  • ホワイトYouTubeのアイコン