ペニーオークション詐欺で発覚した芸能人の間違ったブランディング

January 17, 2017

 

 

 

ブランディング集客コンサルタント渡辺シンスケです。

 

 

 

 

 

今回は年収億を超える成功者たちが行うブランディング方法応用編

 

ペニーオークション詐欺であからさまになった芸能人の間違ったブランディング

 

です。

 

年収億を超える成功者たちが行うブランディング方法基礎編こちらをご覧下さい。








今回は空気感の話を、昔たくさん報道された
「ペニーオークション詐欺」
を取り上げてご紹介させていただきます。







ペニーオークションとは、普通のオークションと違い
毎回の入札毎に手数料が必要になる形式の
インターネットオークション。






ですから開始価格や落札価格は
通常のオークションに比べると低額ですが、
入札時の手数料が高額になることが多いです。








ペニーオークション自体はもちろん悪いものでもないです。







ペニーオークション詐欺とは、
実際には、商品が落札出来ないような仕組みに
して、入札の度に発生する
手数料を受け取るという詐欺行為の事です。







芸能人がブログで
商品を紹介してお金をもらうというのは
芸能人アフィリエイトという、
TVCMなどと同じ広告手法なので
これ自体も悪いわけではありません。









今回、問題になっているのは
実際には落札出来ないサイトなのにも関わらず
有名タレントが「格安で商品を落札出来ました!」
などと自身のブログなどで紹介していたと言うところです。







これは全くダメなことです。





有名タレントと言う事は、テレビやラジオなど
影響力のある媒体に出演し、
国民の皆様に認知されている人たちです。









その人たちが犯罪組織の
宣伝をしていたということですから
調べてませんでしたでは済まないことでしょう。






影響力がある人、
社会に認知されている人というのは
駐車違反をしただけで新聞沙汰になったりします。







そんな影響力のある人間が、
「ネット」というツールを使い、
詐欺行為を働き、バレたら「スミマセンでした」で
済まされるなんて、あり得ない事です。






逆を返せば「バレなかったらOK」
と思っていたということですからね。

 

 



でも今回で改めてわかったことは
それだけまだまだ世の中の人たちが
インターネットの中のことを
分かっていない人が多いということ。





もう一つは今回の件でより一層多くの人が
インターネットって安心できないな、
不安要素もたくさんあるんだなということを
学んだ機会になったんではないかなと思います。







近年では、食べログのやらせ問題や
遠隔操作での脅迫書き込み事件など
たくさんの信用できない問題がネットでは起こりました。






こう並べるとネガティブなことばかりが並んでいるので
ポジティブな話に切り替えましょう。








もう一度繰り返しますが今ネットを見ている人の多くが
インターネットに不安を覚え、学んできているのです。








ということは、これからインターネットで
何かを発信してビジネスにしていこうと思えば

どれだけ安心感を出せているか

というところはかなりの
チャンスになってくるのでは
ないでしょうか。








アメブロを使う、Facebookを使う・・・
その使い方をテクニックなどの前に

安心感が出ている人なっているかどうか

だけでも他の人との差別化が
できるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 


ということで今回は年収億を超える成功者たちが行うブランディング方法応用編

 

ペニーオークション詐欺であからさまになった芸能人の間違ったブランディング

 

でした。

 

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

▶︎年収億を超える成功者たちが行うブランディング方法応用編・目次

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Please reload

main-visual.gif
  • ブラックTwitterのアイコン
  • ブラックInstagramのアイコン
  • 黒のYouTubeアイコン

RECENT POSTS

Please reload

  • ホワイトTwitterのアイコン
  • ホワイトInstagramのアイコン
  • ブロガー - ホワイト丸
  • ホワイトYouTubeのアイコン