• ホワイトTwitterのアイコン
  • ホワイトInstagramのアイコン
  • ブロガー - ホワイト丸
  • ホワイトYouTubeのアイコン

アナログな人でもSNSで稼ぎ続けることができる理由

May 10, 2017

 

 

 

 

 

 

渡辺シンスケです。

 

 

 

 

今回は年収億を超える成功者たちが行うブランディング方法応用編

 

アナログな人でもSNSで稼ぎ続けることができる理由

 

です。

 

年収億を超える成功者たちが行うブランディング方法基礎編こちらをご覧下さい。

 

 

 

 

よくコンサルなどをさせていただいていると

「どのようにしてコンサルになったんですか?」

ということを聞かれます。

 

 

 

 

 

もっと掘り下げると

「なぜブランディングのコンサルに特化したんですか?」

ということも聞かれます。

 

 

 

 

いろいろ理由はあるんですが

一つわかりやすい指標を出すと

 

「電車の移動時間をどのように活用しているか?」

 

という、とある調査機関の

アンケートが参考になったことがありました。

 

 

 

 

回答はほとんどの人が

「携帯を触ったりしている」

というものでした。

 

 

 

 

実際何をしているのかという、

内訳はというと

 

1.「メールをしている」

2.「Webサイトを見ている」

3.「SNSをやっている」

4.「乗り換え案内などを見ている」

 

などなどでした。

 

 

 

 

残りは本を読む、DSなどの携帯ゲームをやるという結果になりました。

 

 

 

 

 

当時はブログやtwitter、mixiが流行りだした頃でした。

 

 

 

 

 

ほどなくしてSNS依存度は現在に至るまで、一気に高まっていきました。

 

 

 

 

ではお金をかけていいホームページを作ろう

とかよりもこういったもので楽しみながら

収益を発生させることができるというニーズは

どんどん増えるだろうなと思いました。

 

 

 

 

結果その後Facebookも重なり

SNSで収益を上げるというコンサルに

行き着いたわけです。

 

 

 

 

 

お店の集客はもちろん

いろんな個人事業に至るまで、

大きく成果を上げてもらうことができました。

 

 

 

 

その考え方で実は今、物をスマホに変えるだけで私がコンサルでやってこれたように、集客を起こし続けることができるんです。

 

 

 

 

現在そのランキングがどのように変わったかと言うと、まず携帯を触っているが「スマホを触っている」に変わっていました。

 

 

 

 

そして内訳は以下のようになっていました。

 

1.「LINEをしている」

2.「SNSをやっている」

3.「ゲームをしている」

4.「Webサイトを見ている」

 

スマホに変わることによって、LINEやゲームというものに変わっていましたが、大まかには変わっていないことがお分かりになるかと思います。

 

 

 

 

そんな中私が1番注目したのが、「SNSをしている」の部分でした。

 

 

 

 

これだけ見たら変わっていないように見えますよね?

 

 

 

 

しかし当時と違うのは、まずランキングが上がっているということ、そしてその内訳としてSNSの使い方種類が増えて時間が増えたということです。

 

 

 

 

例えば当時Twitterと言えば、短くつぶやくということくらいしか利用目的が無かったでしょう。

 

 

 

 

 

しかし今は検索サイトとして利用したりなど、使い方のバリエーションが増えました。

 

 

 

 

 

 

また現在はInstagram、Vine、snowなど当時より利用するものも増えました。

 

 

 

 

 

 

 

ということはいつまでもSNSの集客方法ということに特化しすぎると、どんどん出てくる新しいSNSのそれぞれの必勝法攻略法を毎回覚えないといけない、というようになって行きます。

 

 

 

 

 

これではどんどん大半になっていく・・・

 

 

 

 

 

では今後どんなSNSが出ようが、通用し続ける状態を作れるには何があったらいいと思いますか?

 

 

 

 

簡単ですよね?

 

 

 

 

個人がブランド化されて、注目を浴びてる状態があれば、そのSNSの裏テクなど覚えなくてもどのメディアでも人が集まり続けますよね?

 

 

 

 

ですからブランディングさえ極めてしまえば、未来でどんな変化が起きても継続的に通用し続ける・・・

 

 

 

 

もっと言えば、ブランディングはインターネットスキルに長けていなくても、アナログでもできるノウハウです。

 

 

 

 

ということはアナログな人でもネットの世界で人を集め続けることが出来る、売り上げを出し続けることが出来る一つのノウハウはブランディングしかないということが分かりました。

 

 

 

 

ということでブランディングのコンサルになったという訳です。

 

 

 

 

私は10年前にSNS集客というまだほとんどいなかった分野に特化して、ブランディングを中心にしたSNSの利用法を伝え実績をあげ続けることができました。

 

 

 

 

でもそこに着目できたのは、紹介した電車で何をやっているかランキングを応用して10年間実績をあげ続けれたと言っても過言ではありません。

 

 

 

 

 

今そのランキングを応用してできるベストなことは「ブランディング」です。

 

 

 

 

ということはあなたもこのランキングを応用し、ブランディングを極めることが出来ると、過去の私と同じように、実績をあげ続けれる人になると思います。

 

 

 

 

私は今後の方が長く実績をあげ続けれる感触をもう得ています。

 

 

 

それを可能にしてくれるのは、ブランディングたった一つだけです。

 

 

 

是非私と一緒に、いち早くブランディングを極め、完成させましょう!

 

 

 

 

ということで今回は年収億を超える成功者たちが行うブランディング方法応用編

 

アナログな人でもSNSで稼ぎ続けることができる理由

 

でした。

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

 

Please reload

main-visual.gif
  • ブラックTwitterのアイコン
  • ブラックInstagramのアイコン
  • 黒のYouTubeアイコン

RECENT POSTS

Please reload