• ホワイトTwitterのアイコン
  • ホワイトInstagramのアイコン
  • ブロガー - ホワイト丸
  • ホワイトYouTubeのアイコン

集客売上が上がらない人がブランディングで忘れていることとは

March 24, 2017

 

 

ブランディング集客コンサルタント

渡辺シンスケです。




今回は年収億を超える成功者たちが行うブランディング方法応用編

 

集客売上が上がらない人がブランディングで忘れていることとは

 

です。

 

年収億を超える成功者たちが行うブランディング方法基礎編こちらをご覧下さい。







私は日々エステや飲食店などのお店
占いやカウンセラーなどカフェなどでビジネスを展開される方
そしてネットビジネスをされている方
などなどの個人でビジネスをされている方専門に
ブランディングや集客のコンサルをさせていただいています。





そんな自分自身をブランディングして
集客・売上を上げて行く際のあるあるネタが
「等身大の馬鹿正直なブランド」
を作ってしまうということです。





それをわかりやすく飲食店などに
例えて説明すると、お客様が少ないと
「もっときて欲しい~」
って思いますよね?





では逆にあなたがそのお店のお客様だとしましょう。





お店の人に
「お客さん全然いないんで、来てください」
って言われたらどうでしょう?




これが等身大の馬鹿正直です笑




確かに言っていることは間違ってないかもしれません。




そんなお客さんこない店、
絶対何か理由があるから行かないでおこう❗️
って逆に思ってしまったりしていきたくないですよね笑




こうやって聞いたらそりゃそうでしょって思いません?




でもこれが結構多いんです❗️





自分ごとになったらついつい
ブランディングという意識を忘れて
今のありのままの自分を伝えてしまいがちなのです。






なぜこういうことが起こってしまうかというと
真面目な人が多いからなどもありますが

「あなたが思ってることを、
相手が同じように受け取っているかはわからない」


ということを理解していないからです。





自分の今の状態をそのまま見せるのが、
あながちベストなサービスとは限りません。





もちろん嘘はダメです。





でも何を見てもらうべきなのか、
何が伝わってしまっているのかの理解は大事だと思います。




ブランディングのキモは
「感じてもらうこと」
です。




ではあなたのお店がどう感じてもらったら
「この人のところに行ってみたいな」
と思ってもらえそうですか?




・楽しそう
・ぼったくられなさそう
・人気がありそう、流行ってそう
・おいしそう、商品が良さそう
・(自分にとって)いい人そう


などなどを感じたら、ここにしてみようかなと
思われるのではないでしょうか。




それをあなただったら、どういうカラーでそう感じられそうですか?





それも顧客を掴む
「見せ方見られ方」
の一つじゃないでしょうか。





それもブランディングではとても大事な要素なので
嘘とかではない理想に向かっての爪先立ちを
しっかりおこなってくださいね。

 

 

 

 

 

 

ということで今回は年収億を超える成功者たちが行うブランディング方法応用編

 

集客売上が上がらない人がブランディングで忘れていることとは

 

でした。

 

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

Please reload

main-visual.gif
  • ブラックTwitterのアイコン
  • ブラックInstagramのアイコン
  • 黒のYouTubeアイコン

RECENT POSTS

Please reload