• ホワイトTwitterのアイコン
  • ホワイトInstagramのアイコン
  • ブロガー - ホワイト丸
  • ホワイトYouTubeのアイコン

東進の人気講師林修先生が実践した人気セミナー講師になる方法

May 21, 2017

 

 

ブランディング集客コンサルタント

 渡辺シンスケです。





今回は年収億を超える成功者たちが行うブランディング方法応用編

 

東進の人気講師林修先生が実践した人気セミナー講師になる方法

 

です。

 

年収億を超える成功者たちが行うブランディング方法基礎編こちらをご覧下さい。







東進ハイスクールの予備校講師、林修先生をご存知の方は多いと思います。




予備校では主に現代文などを教え、
東進ハイスクールで人気ナンバーワンの講師でした。




その東進ハイスクールのCMで
「いつやるか? 今でしょ!」というフレーズ話題となり、
2013年度新語・流行語大賞年間大賞を受賞され
一気に有名人になりました。






元々東京大学学部出身で予備校講師なので当たり前ですが
頭が非常によく、思いの外トークも面白いので
一発屋的にならずにその後も自身の番組などを複数持ち
タレントとしてもすっかり大成功されてしまいましたよね。




今でも8個のレギュラーを持つなど大人気です。




私はそんな林修さんのテレビ番組では
林先生が驚く初耳学!
というのが大好きで毎週録画してみています。







先日興味深い内容を林修先生が後悔していました。




それは林修さん自身が実践している
No. 1講師になることができた方法
というもの。




セミナー講師などをする方含め
多くの方に参考になる内容でしたので
ご紹介させていただきます。




大きく分けて2つあるそうですがまず一つは
目標はしっかり立てておいたほうがいい
ということ。




林修さんもNo. 1講師になるのにいつまでにこうなるなど
目標を明確に立てていたということを話されてました。




そしてもう一つは、この本を読むとか、セミナーに参加するとか
いろんな事柄をリスト化して
・できたこと
・できなかったこと
・やろうとしていたこと
・やるつもりはなかったこと

に分けて図にするというものです。

 

 

 

 

 

 







それを十字に分け、
上にできたこと
下にできなかったこと
右にやろうとしていたこと
左にやるつもりはなかったこと

という図にします。




そして右上から反時計回りに
1234の数字を割り振ります。




そうなると
右上の1はやろうとしてできたこと
左上の2はやるつもりがなくてできたこと
左下の3はやるつもりがなくてできなかったこと
右下の4はやろうとしてできなかったこと

という形に分かれます。







例えば何かのセミナーに行くなどできたらそれを右上の1に書きます。




何かの本を読むなどやろうとしてできなかったことは4に書きます。





意外と人はできないことは書かなかったりスルーする人が多いです。





しかし林修先生いわくできなかったことがすごい重要で、
やらなかったことの中に大事なものがたくさんあり
記録しておけばあのとき読みたかったという自分と出会えるし、
時間があったから読もうかという気になれるそうです。






このように過去の自分を記録するというのは
過去の自分に向き合うという行為
自己成長にすごくつながるそうです。






するつもりはなかったけど、友達に釣りに連れて行かれたらうまいと褒められた
などの自分は気づかなかったからやらなかったけど、やってみたらできた、
特にやりたくもなかったのにやってしまったことを左上の3に書きます。






これは本人は軽く流してしまうけど、そこに適性があるかもしれないということで
新たな自分を発見できるので、非常に大事と林修先生はおっしゃってました。





やるつもりもないしできなかったことは
左下3に該当しますがこれは書く必要なし。




ということで自分の現状をリスト化して
自己成長を促すのが林修さん流らしく
これで東進ハイスクールNo. 1講師になったとおっしゃってました。





ではそれを踏まえ人気のあるセミナー講師になるためには
どのようなことをしていけばいいのでしょうか?





まずいいセミナーとなると聞き手となると
・役に立つ情報やノウハウが手に入る
・話がうまいセミナーだった
・いろんな出会いがあった

などなど要素は多いかもしれませんね




しかしことセミナーで講師側がいいセミナーをイメージすると

いかにいい話ができるか

ということにしか気が回らないことが多いです。





しかしではいい話というのを、どこまで推測できるでしょうか?





自分のトークレベルは急に上がるわけではありません。





ではその中で、上手にしゃべるしゃべらないというのは、
限度があるかもしれません。





みんなが感動する話・・・
というのは人数が多ければ多いほど
はまりにくいかもしれません





では話すという行動のところにばかり目が行き過ぎると、
アクシデントにあう可能性もあるわけです






では何をしたほうが人気セミナー講師になる確率が上がるのでしょうか?





まず何人のどんな人が来ている可能性が高いのか?
どんなことを求めている人が多そうなのか?
セミナー後どういう感じで帰っていってもらえたらベストなのか?






などなどをシミュレーションし
準備
を行うところに特化するほうが打率は高いのではないでしょうか?




そこで先ほど紹介した林修先生のリスト化をやっていて
準備をしまたセミナー講師をしたらまたチェックをする。




そのようにできたことできなかったことなどを理解していくことが
いいセミナー講師になっていく最高の準備かなと思います。




セミナーは前で話していたら
しゃべる内容を忘れる、記憶が飛ぶ
こともしばしばです。




それに備えた準備まであれば
グダグダ感は伝わりませんね。




でも得てして以下にいい話をしようしか考えていない人が多いので
そういったセミナーはいまいちに終わることもしばしばです。





人気セミナー講師になりたいのであれば
ぜひ林修さんのリストなどを使って準備をし
レベルアップしていくのはいかがでしょうか。





ということで今回は年収億を超える成功者たちが行うブランディング方法応用編

 

東進の人気講師林修先生が実践した人気セミナー講師になる方法

 

でした。




最後までお読み頂きありがとうございました。


 

 

 

Please reload

main-visual.gif
  • ブラックTwitterのアイコン
  • ブラックInstagramのアイコン
  • 黒のYouTubeアイコン

RECENT POSTS

Please reload