• ホワイトTwitterのアイコン
  • ホワイトInstagramのアイコン
  • ブロガー - ホワイト丸
  • ホワイトYouTubeのアイコン

PPAPの動画が世界的大ブームになった理由とブランディングとは

August 28, 2017

 

 

ブランディング集客コンサルタント

渡辺シンスケです。

 

 

 

 

 

今回は年収億を超える成功者たちが行うブランディング方法応用編

 

PPAPの動画が世界的大ブームになった理由とブランディングとは

 

です。

 

年収億を超える成功者たちが行うブランディング方法基礎編こちらをご覧下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたはPPAPをご存知でしょうか?

 

 

 



もうご存知の方は多いと思いますが
世界中で大ヒットしている自称シンガーソングライターピコ太郎さんのYouTubeの動画

「Pen Pineapple Apple Pen(ペンパイナッポーアッポーペン)」の略です(笑)

 





 

 

 



ピコ太郎さんが、ピコピコサウンドに
乗って踊った動画ですが、元々は

売れない芸人の古坂大魔王という人らしいです。

 

 

 

 

 

 

 

YouTubeで動画をジャスティンビーバーが見つけて、

気に入って拡散させたところから一気に火がついて、

ブームになったらしいです。

 

 

 

 

 



イギリスのBBCはPPAPがブームになった理由について

・やみつきになるビート
・しょうもない歌詞
・笑えるシンプルなダンスの繰り返し


と拡散される動画の要素をすべて備えていると紹介されています。

 






正直個人的にはPPAPが何でこんなに流行ったのか理解できません(笑)

 

 

 

 

 

 

 

ただ日本人が世界的に売れるっていうのはいいすごいことだなと思いますし、そういう人っていうのは、たまたまそうなったのではなく、そういう実力、運を持っていた人だと思っています。

 

 

 

 

 

 

でもこのBBCが紹介したヒットした、今回ピコ太郎さんのPPAPの動画がブームになった拡散された理由が、我々が情報を発信し拡散される理由と同じなのです。

 

 

 

 

 

まず一つ目の

・やみつきになるビート

これは要約すると

 

「感情に訴える」

 

ということです。

 

 

 

 

 

 

SNSでブランディングして集客や売り上げを上げる場合、「いいね」というものが付随してきます。

 

 

 

 

 

 

これは実際にいいねを押されるかどうかということではありません。

実際わたくしもいいねは少ないのに、集客や問い合わせは起きまくってますから笑

 

 

 

 

そうことではなく

「いいね!と思うかどうか」

ということです。

 

 

 

 

 

 

いいなと思われる投稿は

「感情に訴える投稿かどうか」

ということです。

 

 

 

 

 

FacebookやInstagramは写真の文化です。

 

 

 

 

 

いいねとつい発作的に思う写真は感情に訴えれた写真です。

 

 

 

・かわいい!

・美味しそう!

・綺麗!

・すごい!

・面白い!

などの感情が代表的でしょうか。

 

 

 

 

 

これらにそぐわない写真は、全て感情に訴えれていなくてSNSでのブランディングにはそぐわない、と思ってもらえればいいかなと思います。

 

 

 

 

 

・しょうもない歌詞

も同じです。

 

 

 

これは

「短い文章」

という事と共通します。

 

 

 

 

面白いなどの感情に訴えるのは大事ですが、SNSは「読む」メディアではなく「見る」メディアです。

 

 

 

 

 

長文になればなるほど見るから読むに変わってしまいます。

 

 

 

 

そうなると文章能力が必要になってきます。

 

 

 

 

しかしSNSは短い文で主に写真などで感情を伝えるのであれば、文はそんなに長くなくていいということです。

 

 

 

 

 

ということは文章能力も必要なくなってきたりします。

そこにまたSNSでの集客や拡散の魅力に合わせてメリットになる部分かと思います。

 

 

 

 

 

最後の

・笑えるシンプルなダンスの繰り返し

という部分です。

 

 

 

これはそのまま

「繰り返し」

です。

 

 

 

 

人は繰り返し見たものを、そのような人として認知します。

 

 

 

私も毎月いろんなところに旅行させていただいたりしています。

 

 

 

そうすると「大阪に全然いませんよね?」とよく言われます。

 

 

 

でも行くのは月に4分の1くらいしかありません。

 

 

 

しかし行けば必ずSNSにはアップしますよね?

 

 

 

それを繰り返し見ることによって、いつもそれをしてる人というイメージになります。

 

 

 

一時スターバックスに週一くらいで行っていて、いつも「今日のスタバ」という投稿をしていました。

 

 

 

そうするといつも

「スタバばっかり言ってますよね?」

と言われるのも同じことですね笑

 

 

 

ということはあなたはビジネスに集客する上でどのような人に見られたいですか?

 

 

 

それを決めて定期的に繰り返し投稿すると、そのような人というイメージを持たれます。

 

 

 

だからそんなニーズがある方からの引き寄せが起き、集客が起き売り上げが上がるという流れになります。

 

 

 

ということでPPAPの動画がブームになって拡散が起きた理由は

 

・やみつきになるビート=感情に訴える
・しょうもない歌詞=短い文章
・笑えるシンプルなダンスの繰り返し=繰り返し

 

という風に解釈して投稿を続けると、PPAPまでとは言いませんが、拡散が起きて知らないところでファンができていてもおかしくない状態ができると思いますよ。

 

 

 

 

 

どのように見せたらいいか、どこに集客を集めたほうがいいかなど分かりきっていない人は、お気軽にご相談くださいね。

 

 

 

ということで今回は年収億を超える成功者たちが行うブランディング方法応用編

 

PPAPの動画が世界的大ブームになった理由とブランディングとは

 

でした。

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

Please reload

main-visual.gif
  • ブラックTwitterのアイコン
  • ブラックInstagramのアイコン
  • 黒のYouTubeアイコン

RECENT POSTS

Please reload