最終回を迎えたしくじり先生の過去の神回動画で学ぶ方法

November 11, 2017

 

 

 

ブランディング集客コンサルタント渡辺シンスケです。

 

 

 

 

今回は年収億を超える成功者たちが行うブランディング方法応用編

 

最終回を迎えたしくじり先生の過去の神回動画で学ぶ方法

 

です。

 

年収億を超える成功者たちが行うブランディング方法基礎編こちらをご覧下さい。







あなたはしくじり先生という番組をご存知ですか?






過去に色んなことで失敗した人が、「しくじり先生」となって
自分と同じ失敗を犯かさないように過去のエピソードを教訓として
ゲストの生徒に対して教室で授業するという形で教える番組です。






番組自体も非常に人気がありしょっちゅう3時間特番をやっていたほど。




そんな人気の理由が実は我々が活用するブランディングにも活かせるのです。






これが非常に勉強になりまして
本当にダメだったことが失敗なのではなく
それで諦めることが失敗で、いろいろしくじったことを
どう活用するかでのち成功に導けるというのがすごく学べます。






これまでもゲストによってはすごい人生を歩んでいて
話が壮絶すぎてかつ感動できてまさに神回だと
そのあと伝説になっていることが結構あり、
ネットでも動画がかなり再生されたりしているそうです。







ちなみに過去神回で人気があるのは
・オリエンタルラジオ
・杉村太蔵
・辺見マリ
・堀江貴文
・藤崎マーケット
あたりらしいです。




個人的な歴代ベストなしくじり先生は
・東国原英夫
・亀田大毅
・かつみさゆり
の3組ですかね!
どれも壮絶でした!





そんなしくじり先生、見方を変えたら人の失敗を笑ってる、
みたいな見方もできるのかもです。





しかしなぜ定期的に3時間特番が組まれたほど人気があるのでしょうか?




この理由を知ると自身のブランディングにも活用できますよ。






しくじり先生は失敗ばかりをフォーカスしているようですが
基本的にはその方の
「人生をストーリー形式」
で見せられているのです。







人は他人の人生をストーリー形式に見せられた時に、
興味共感を持つという習性があります。





作り込まれたワイドショーなどに興味がある人が多いのも
そういったところからでしょうね。





ということはあなたもブランディングをして興味を持ってもらいたい
と思うのであれば、まず自分をストーリー形式で
プロフィールを作れているかが大事です。

 

 

 

 


もしあなたがFacebookで知らない人から友達申請が来たら、どこを見ますか?

 

 

 

 

 

 

特に女性の方は、申請を受理しようかどうしようかという

判断材料ってどこでしょうか?

 

 

 

 

プロフィールに左右されるところは少なくないはずです。

 

 

 

 

 

では受け入れ易いプロフィールを作れていたら

自分が友達申請しときばかりではなく

自分を探された時につながってもらい易い人であるということです。

 

 

 

 

 

 

ですから、ただ単に今やっていることを書くのではなく

過去→現在→未来

のようにストーリー形式で書く事が重要なのです。

 

 

 

 

 

 

 

これが一番共感を得てもらえ易い

プロフィールの書き方です。

 

 

 

 

アメブロだとプロフィール

Facebookだと自己紹介になります。

 

 

 

 

 

 

書き方通りしっかりストーリー形式でプロフィールを作ると
感情移入してもらいながら読みすすめてもらえる確率が高くなります。

 

 

 

 

 

知らない方があなたを見つけたとき・・・

どんなあなたの方が受け入れてもらい易いですか?

 

 

 

 

 

共感ポイントが多い方が絶対に優位です。

 

 

 

 

ぜひなぜ今の仕事をするに至ったのかなどを書き方通り進め

今の充実度などを記していきましょうね。

 

 





 

ということで今回は年収億を超える成功者たちが行うブランディング方法応用編

 

最終回を迎えたしくじり先生の過去の神回動画で学ぶ方法

 

でした。

 

 

 

 

 

最期までお読み頂きありがとうございました。

 

Please reload

main-visual.gif
  • ブラックTwitterのアイコン
  • ブラックInstagramのアイコン
  • 黒のYouTubeアイコン

RECENT POSTS

Please reload

  • ホワイトTwitterのアイコン
  • ホワイトInstagramのアイコン
  • ブロガー - ホワイト丸
  • ホワイトYouTubeのアイコン