• ホワイトTwitterのアイコン
  • ホワイトInstagramのアイコン
  • ブロガー - ホワイト丸
  • ホワイトYouTubeのアイコン

一流ホテルで出会った成功者の習慣2「事業・ビジネス・人脈の引き方」

May 18, 2018

 

 

 

渡辺シンスケです。


 



今回は一流ホテルで出会った成功者の習慣2
 

事業・ビジネス・人脈の引き方

 

です。



一流ホテルで出会った成功者の習慣その他の記事目次よりご覧ください。 







ソフトバンクの純増数1位がずっと続いていますね。



 

私の周りにもソフトバンクを商売で扱ってる人はたくさんいますが、

一人通話料ボーナスだけで月収300万円はくだらなかった方がおられます。





 

通話料ボーナス

 

印税的収入


というイメージを持つと、ずっと続くイメージを持たれる方もおられるともいます。




 

でもその方やめて全店売り払ってしまいました。






理由の一つに、携帯電話で困ったときって
メーカーやキャリアに電話するより、ショップに行く人が多いですよね?




 

要はショップって文句をかなりの量受けるそうです。

 

 

 

 

そこがミスして文句を受けるならともかく、

違うお店で契約して故障などがあっても自分のお店にきたりもする。






仕事だからしょうがないといえばそれまでですが、
そんな毎日の中、インセンティブはというと、
パケ放題の値下げや通話料の日々の値下げで、取り分が日に日に減るそうな。





ということでその方は、毎月300万円あったんですが、
あっさり辞められました。

 

 

 

 

今は一緒に事業を回せて頂いているので、個人的には感謝感謝なのですが。

 

 

 

 

はたから見たら、もったいな~って思う気持ちもありますよね。

 

 

 

 







でもそういう成功している人が、何かを見切る時とは一つは

面白いか面白くないか







もうひとつは

先を見て落ちそうなのであればいい時にやめてしまう

という判断は結構多いですね。








ビジネスでも人脈でも・・・

いいものは持っておけばいいですが、
悪いもの悪くなりそうなものを手放すのも重要な要素です。







悪い人脈、悪くなりそうな人脈は自分から切ると
相手はその段階では意味がわからないし面白くないので、
こっちにとばっちりなどを向けてくる。






だから相手から去っていくようにもっていき、
切る手放すという作業をされることが多いです。






そうすれば相手が嫌になっているだけなので、
こっちが恨まれたり何かされたりということはないですからね。





ビジネスは悪くなるこの先が見えきたから売ろうというのであれば、
現時点ではそんなに悪くないのでいい値段で売れます。





そのお金を元手に新しい何かをやったほうが、意外とそれ以上になったりします。





でも結局つぶしちゃう、うまくいかなくなってしまう人ほど、
まだいけるんじゃないか、もうちょっと何とかなるんじゃないか・・・
などなどで結局じり貧になっちゃう。




どれだけ少し先のアンテナを高く持てるかというのは、非常に大事ですね。





何かをやめるというとネガティブに聞こえがちですが、
成功者は逆にポジティブにとらえているし、
逆に新しいそれ以上の物を生むと
思っている人のほうが多いですよというお話でした。





ということで今回は一流ホテルで出会った成功者の習慣2

 

事業・ビジネス・人脈の引き方

 

でした。





最後までお読みいただきありがとうございました。





 

 

 

 

Please reload

main-visual.gif
  • ブラックTwitterのアイコン
  • ブラックInstagramのアイコン
  • 黒のYouTubeアイコン

RECENT POSTS

Please reload